ドラマ 父よ、あなたはえらかった~1969年のオヤジと僕 動画

youtube、stagevu、dailymotion、veohやtudou、56.com、saymove、PANDORAひまわり動画、ニコニコ動画やletv、Anitubeなど様々な動画共有サイトでアニメ、ドラマ、特撮など動画数は3000以上!!
新着ヘッドライン

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラマ 父よ、あなたはえらかった~1969年のオヤジと僕 動画



ドラマ 父よ、あなたはえらかった~1969年のオヤジと僕 動画

[アニメランキング] [動画ランキング] [ドラマランキング]

>動画視聴前後に1クリックお願いします



wikipedia

公式サイト

あらすじ
62歳になる小野寺利一(西田敏行)は、長年勤めあげた会社で延長雇用の3年目。しかし、金融不況のあおりを食った会社が、真っ先に手を打ったのは利一への退職勧告。常務(小野武彦)から、辞職を促された利一は、同じ環境の同僚を居酒屋に集めて「会社のいいなりにはならない」と檄を飛ばす。同志たちを連れて妻・春美(泉ピン子)が待つ自宅へとなだれ込む利一だが、妻はあきれて言葉も出ない。しかし、会社側は利一の活発な動きを察知したかのように、次男・優(加藤成亮)の就職を餌に退職を迫る。

優は、大学を卒業したあとも定職につかず、プロの漫画家を目指して、日々実家の机でペンを走らせていた。利一は、同志たちに後ろめたさを感じながらも、息子のためにと会社側の要求を呑む覚悟で優に就職を勧めるのだが、優は優で親にレールを決められることは嫌だと反抗し、家を飛び出してしまう。「恋人もいない、友達もいない、仕事もない、俺」と、優は漠然とビルの屋上から夜景を眺めていた…。と、そのとき、カラスの鳴き声に視線を逸らした瞬間、カラスが目の前に迫り足を踏み外してしまう。

気がついた瞬間、若者たちと警官隊の一団が優を取り囲んでいた。何がなんだか分からない優を助けたのは、若き日の利一(堤下敦)だった。優の傷の手当てのために利一の下宿するラーメン屋へと向かう二人。出迎えたのは若くて美しい当時の春美(相武紗季)だった。カレンダーは昭和43年12月、机の上の大学ノートや教科書、学生証に書かれた名前は「小野寺利一」。「コイツは俺のオヤジだ、間違いない」――。若き日の両親と一緒に大きな声を出し、取っ組み合いの喧嘩をし、悩み、傷つき、励ましあう優の不思議な日々が始まる。


[amazon]
[tudou 1][tudou 2]
[ranking]
[PANDORA]
[amazon]
[PANDORA]
[ranking]
TOPPAGEへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

動画の見方一覧
カテゴリ一覧
アニメ

アニメあ行 アニメか行 アニメさ行
アニメた行 アニメな行 アニメは行
アニメま行 アニメや行 アニメら、わ行



ドラマあ行 ドラマか行 ドラマさ行
ドラマた行 ドラマな行 ドラマは行
ドラマま行 ドラマや行 ドラマ、わ行



特撮 邦画 洋画
放送中のアニメ一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。